2017年12月8日金曜日

[バンコクらーめん記050] 内田屋のつけ麺を食べてみた!内田屋

横浜家系の味はこの内田屋さんができてから、ひどく私には癒されていたんですが、そういえば内田屋のつけ麺、とゆうのは今まで食べたことがなかったので今回、頼んでみました。


30バーツで大盛りにして。

まず、内田屋はこのボリュームある太麺がいいですよね。つけ麺の醍醐味、とゆうか、この太麺に濃厚なつけ汁がすっごく絡んできてつけ麺ならではの絶妙な味わいが口の中に広まります。つけ麺としては、想像通りの美味しさです。

ただ、フジヤマ55のシステムを経験してしまったからか、つけ汁がどんどん冷めていくのに違和感を感じるようになってしまいました。つけ汁は冷めているよりも熱い方がいい!とゆうのが私のスタンスですが、そうゆう方は少しサービスに物足りなさを感じるかも知れません。いや、逆に、フジヤマ55のあの「スープを温める」システムとゆうのがオリジナリティもあって画期的なシステムなのかも知れません。

[勝手に評価] 15スター
らーめんスープ ★★★★☆
らーめんの麺     ★★★★★
らーめんの具     ★★★☆☆
その他ポイント ★★★☆☆
特徴: つけ麺自体はノーマルな旨さ。バランスは取れています。

[お店データ]
店舗名: 内田屋
タイプ:   横浜家系豚骨、九州豚骨

場所:    タニヤ、スクンビットSoi39







最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!

KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、

これを本気で行っています。

↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓



にほんブログ村;




0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!