2017年5月18日木曜日

[バンコクらーめん記044]奈良では有名なのか?天理スタミナラーメン

トンロー入ってすぐ右手にわっかりやすい赤色のラーメン屋さんが今年の2月にオープンしました。その名も、天理スタミナラーメン。天理と言えば日本で唯一宗教団体の名前が都市名になった奈良県天理市を思い浮かべるのだが果たしてそうであった。どうやら、スタミナラーメンというのは天理市のご当地ラーメンとなるらしい。

で、2月にオープンしてその目立つ店舗外観からも気になるので比較的すぐに行ってみたのだけれど、あいにくその時は車で、この天スタ(通称は天スタ、と言うらしい)には駐車場がないらしく、ソイの59だったかを店舗スタッフに案内されて言われるままに行ったがとんでもなく遠かったのでその時は断念しました。


それで今回はバイクで再度挑戦!3ヶ月越しの天スタ、ということでありました。

メニューを見ると、なるほど、スタミナラーメンのみ。このやり方は、すき。スタミナラーメンにこだわって一筋でやっているわけですね、職人魂を感じます。




こちらが、3ヶ月越しの天スタによるスタミナラーメン。いただくと素直に美味しい!スープといい、麺といい、具といい、これは確固たるスタイルの確立で、いや、堂々としたものであります。ただし!厳しいこと言うようですが、にんにくです。それは、スタミナラーメンなのでにんにくは解りますが、なんといいますか、にんにくって文句なしに旨いじゃないですか。それを考慮して、つまりにんにくの問答無用に旨い、というのを一旦置いておいて考えても、やはり美味しい一品ではあります。

ところで、ご飯も注文しました。メニューにはご飯の横に手書きで「おかわり自由」と書いてありました。注文時は特におかわりするつもりではなかったんですが、想像以上にこの天スタとご飯が合う事、合うこと!ご飯がもりもりいただけちゃったのでおかわりしました。もちろん、掛け声は「おかわり!」です。この時のスタッフの反応が気になりました。「もう一杯?」そう、もう一杯。そしてそのスタッフは厨房へ「ご飯ひとつ~!」と声張って伝えてます。あれ・・・、なんか、「おかわり自由」ではなくって、「ご飯をもう一杯」追加注文されちゃった感じかな?と思い、会計時に見てみるとやはり、ご飯二杯分にされてた。

で、ちょっとメニュー見せて、と言ってドヤ顔で渡されたメニューにはなんと、「おかわり自由」の文字が書いていない!?なんや、これではおかわり詐欺やないか!いやしくも日本のラーメン店あろうお店でそんな事があってはならないと思い、別のメニューを持ってきてもらうと果たして、そこには「おかわり自由」が手書きで書いてありました。それを説明すると、いや、しても、どうやらそのタイ人スタッフには通じない、「いや、あなたはご飯2杯頼んだでしょ」となる。「おかわり」の意味が解ってないのだ。いや、わかる。たしかに、私はご飯二杯をいただいた、おかわりの意味を知らないタイ人スタッフ側としては、それは正義だ。向こうからすると、何をいちゃもんつけて来やがるんだ、となるでしょう。で、もう一人のタイ人スタッフも呼んできてあーでもない、こーでもないしていて、いやだから、ここに「おかわり自由」って書いてあるでしょ、としたらやっと奥から日本人の方が出てきて、解決しました。

と、まぁ、このように書くとネガティブに聞こえるかも知れませんが、そんなことはないです。タイ人スタッフも基本的に笑顔で愛想がある感じで、日本人の方も物腰低いマイルドな感じの方でした。ただ、オープンしたばかりでスタッフへの教育が浸透していないだけ、と感じました。「おかわり」の意味を知らなければあれは当然するべきの正義の対応であり、その点スタッフが悪いわけではありません。それにもっと言ってしまえば、駐車場所の案内もそうです、あの案内の仕方では、日本人には通用しません。。そうした意味合いもあって、その他ポイントは星評価は3です。

スープ、麺は星5つの感覚はありますが、そこはにんにくを考慮してでの星4なので、らーめんとしては、かなり美味しいといってもいいでしょう。天スタ、今後の成長に期待アリです☆

[勝手に評価] 15スター
らーめんスープ ★★★★☆
らーめんの麺     ★★★★☆
らーめんの具     ★★★★☆
その他ポイント ★★★☆☆
特徴: ひと言で言うと、にんにくらーめん

[お店データ]
店舗名: 天理スタミナラーメン
タイプ:    スタミナ
場所: トンロー入って100m右手
http://www.tenrisutaminaramen.com/






最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!

KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、

これを本気で行っています。

↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!