2016年4月1日金曜日

[タイあるある] お金の感覚麻痺


タイでバーツ使う時に安く感じる。
例えば、ランチ300バーツ。300円じゃないことはとっくに解ってるんだけど、そんなに高い気はしません。でも、1,000円ですから!日本で1,000円?全然アリです。ここはタイ。タイで1,000円って本当は高いんだけど、高い気がしない。。という堂々巡り。

日本で円使う時に、安く感じる。
普段バーツで生活しているもんだから、1,000バーツ=3,000円以上の価値、というのが無意識のうちに頭にあるもんだから、1,000円の日本の「1,000」という数字に対して1,000円の価値しかない、と言うのはやっぱり1,000円が安く感じてしまう。1万円だってそうだ。同じ「1万」でも、タイの「1万」バーツはそれなりの威力があります(日本円では3万円以上)。日本の「1万」円はバーツでは3,000バーツでしかないので安く感じてしまう、という感覚麻痺。。






最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!

KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、

これを本気で行っています。

↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!