2015年12月8日火曜日

バンコクにある日本人キャバクラに行ってきた件

昨日は久しぶりに会った友人とですね、な、なんとキャバクラに行ってきました。は?と思われるかも知れませんが、バンコクですよ、ここわ。


キャバクラと言うくらいですからね、なんと全員日本人とゆう。友人からこの話を聞いた時なんかは半ば信じられなかったんですが、どうやら冗談でもないらしい。

ともかくノリで行ってみると、果たして日本人だらけ。店内の雰囲気は、正直殺風景な感じがしたけど、女の子はまあ、かわいい娘もいる感じ。

キャバクラ自体あんまりおもしろいとも思わない自分なので、あんまり良い事書けないので、かといってお店の評判をさげてしまうのも本意ではないので、店名は伏せおきますが、ま、なにせココはバンコク。こんなお店があっても面白いなーと思いました。タイに何十年も住んでいると、やっぱり、日本人女性と話したくなって来るんですよね。。いや、あくまで相手を「女性」として意識しての話ですよ。

ほら、いくら海外、のバンコクと言っても日本人なんか10万人弱いるわけで、なんとかビットに行けば、そこらじゅうに歩いているわけですよ。でもね、私達がふだんバンコクで会う日本人女性は、同僚とか、お客さんだとか、友人の彼女、もしくは奥さん、駐在員妻、だとかね。そうなると、女性とゆうか、そもそもの関係(お客さんだとか)の上でお話しするじゃないですか。

だもんだから、タイ在住の日本人をターゲットにしたこのお店は、なるほど~って感じです。で、すぐに疑問に思うのが、女の子の給料ですよね。「合うの?」と思う。したら、これもなるほど、謎解くことができました。

まず、女の子の給料、とゆうかボーイも含めてタイの給料みたいですね。予想としては、5万Bくらいはもらってるんじゃないでしょうか。5万Bって言ったら17万円くらいですね、タイに住むには十分です。それから、マンション付と言うのだから、そんなところも嬉しいポイントだ。でも、どうしてもっと稼げる日本より、わざわざバンコクにまで来るのか。

聞いてみると留学生だとか、英語勉強したいとか色々いるんですけど、総じて言えるのが、みんな海外に出たい、ということ。来月からはシンガポール行くだとか、旅をしながら周っているような人もいました。大抵大きい街には、こうした働き口はあるとのことでして。。へぇ~、そんなある意味ジプシーみたいな人がいるんですねって。

そしたらいいですよね。現地に住むお客さんは日本人女性と話したい、女の子は色んな理由はあれど海外に出て個々の目的を達成するための生活費を稼ぐ、お店は日本料金で売り上げて給料渡すのはタイ給料、一つのビジネスモデルが出来上がってます。

・・・ということで胸につかえていたモヤモヤ、というか、バンコクで日本人女性のキャバクラって、中身どんななってん?と思っていた疑問がすべて解消されました。・・・のはいいんですけど、私個人的にはキャバクラの楽しさがわからない~






最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m

下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!

KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、

これを本気で行っています。

↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!