2015年5月6日水曜日

小象寿司のランチビュッフェに行って来たの件

ビュッフェというと、なんかホテルの朝食のあのイメージがまずは先行する私なんですが、小象寿司のランチもビュッフェでやってるらしい、ということでレポートついでに行ってきました。

特に私と連れの彼女はいくらが好きで、そのいくらが食べ放題なんて、この世の幸せとはこのことだ、と思いながらわくわくしてましてね。

ちなみに小象寿司のいくらはすでに、いただき済。バンコクでのいくら相場は大体1つで100バーツ前後。結構な額です。

ちなみにちなみに、一貫て今タイプしてちょっと調べたら、寿司の数え方って1つで一貫と言ったり、2つで一貫と言ったり、諸説があるみたいですね。ややこしい。ので、今「1つ」と書き直したところであります。

ともかくそのいくらが食べ放題なんて、、本当に大丈夫ですか?小象寿司さん?


329バーツですよ!?食べ放題で。小象寿司はですね、そら日本の寿司屋さんにはかないませんが、タイ在住の日本人にとっては、まぁ、そこそこいけるとこです。特にいくらなんかは良し悪しが出にくいタイプだと思うんです、回転寿司レベルでも、うまい。

そんなわけで、わくわくドキドキしながら取り急ぎいくらを注文したら、

「いくらはビュッフェメニューの中に入っていません」

だって。

いや、そんなオチもうすうす感じてはいたんですが、それだったら、ビュッフェ329バーツ!の看板にいくらの画像載せないでよ!なんて思うんですがね、、ここはタイランドですから、そんなことを言っていてはタイを楽しめません。

ランチビュッフェメニューは以下の皆さんです。


こちらと、


こんな感じです。これに、みそ汁もおかわり可。といった感じで、これらプラス回転寿司のあのレールに乗って廻っている餃子やら鳥のから揚げやら、サラダやらプリンやらもいただけます。


もちろん、寿司は廻っているネタの鮮度が落ちてるんで、注文して握ってもらった方がいいです。

好みの問題ですが、中でもさばとサーモンの握りは充分美味しくて、これだけでもビュッフェの価値はあるかなーとは思いました☆

小象寿司も、気軽に行くなら昼も夜も行くならオススメです☆


最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!