2015年4月16日木曜日

なぜバイアグラではなくG7なのか

今日もG7が絶好調です!


 G7に出会うまでは、もっぱらバイアグラばかりでしたが高いし副作用で気持ち悪くなるわであんまり良い印象はありませんでしたが、結局G7に行き着きました。


 バイアグラのケミカル満載とは違って、G7は天然ハーブなので飲んだときにちょっと葉っぱというかハーブ系の香がしますが、それがなおさら安心できます。


 個人差もあるようですが、副作用は特に感じた事はありません。


ちょっと顔がほてるかなって程度で、それもG7を服用したからかどうかもよくわかりませ
んが。



バイアグラよりもG7


そもそもバイアグラの科学的な勃起っていまいち因果関係がよく分からなくて怖かったんですが、G7の天然ハーブって安心できます。


そもそも勃起不全の医薬品であるバイアグラではなく、あくまで健康補助食品にあたるG7は、


【G7の成分】
Cervus Nippon Temminck(ニホンジカ) 150g
Cynomorium Songaricum Rupr.(サヨウ) 844g
Carthamus Tinctorius L(ベニバナ) 138g
Cistanche Deserticola Y.C. MA(ニクショウヨウ) 150g


で構成されていますが、これらは男性ホルモンを活性化させたり、血行をよくする働きがあります。



縮こまった血管がしっかり血流をよくし、海綿体への刺激が活力ある下半身を生み出すのです。



そういう流れなので、G7は勃起の薬と言うよりは、若々しい健康を補助するサプリメントとして安心して使用できるのです。



G7は7年販売していますが、これまで副作用による症状や事例はありません。



価格面でも健康面でも安心して服用できる点、それがバイアグラとの大きな違いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!