2014年10月4日土曜日

らーめん内田家に行ってきました

周りから「おいしい!」と言われ続けてやっと行くことが実現したらーめん屋さん、内田家。なんせバンコクでも日本人通りのタニヤのど真ん中にあるらーめん屋さんですからね、おいしいに決まってる!

店内もなんか日本。ここなら大丈夫だ。ここなら、ご飯とらーめん一緒に注文しても、一緒に持ってきてくれるだろう。らーめんを先に出してきて、5分後くらいに時間差でご飯ものを出してくるような三流らーめん屋さんであるはずがない。「ご飯ものとらーめんは同時に食べたい!」という日本人ならでは(?)の要望が解ってないわけはない。私は、そう直感したのでした。

チャーシュー丼と家系とんこつ醤油らーめんを同時に注文。すると、店員さん曰く

「麺のかたさは?」

おおー、本格的だ。タイ人の店員さんなのに、らーめんの注文に対する情熱がひしひしと伝わってくる。間違いない、ここなら「らーめんはみそ汁代わりに食べたい!=つまり同時に」という私の切なる願いを汲み取ってくれないはずがない。

「かためで!」

と、威勢よく答えたその時から3分ほどか、来たのがこちら、


す、す・ご・い。見た目完璧。もう、ご飯ものとらーめんが出てくることなんて当たり前レベル、見た目だけで期待をはるかに越えてきた、さすがはタニヤのど真ん中。お味は、、

や、や・ば・い。完璧すぎます。非の打ち所がない、とはもしかしたら内田家のために生まれた言葉ではないか、と錯覚するほどの極上らーめん。こりゃ、評判にもなるわけだ。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!