2014年9月12日金曜日

寝台特急に乗って地方まで来ています。


寝台特急に乗って地方まで来ています。

この列車に乗る時、自分の列車の入口でタバコを吸っている若者がいた。手にチャーンビールの缶を灰皿代わりにしていたので、なんか日本人だな、と感じました。

で、列車に乗り込むと通路挟んで反対側の2人が日本人だったので、お互い目が合った。たぶん、互いに「この人、日本人かな」と思ったのだと思う。別に日本人だからってなんでもないんですけどね、たしかに、旅先で日本人が傍にいたら、何かあった時に安心ではある。ちなみに、この反対側の2人組は女性のバックパッカー。

でね、少し後になって周りを見渡すと自分側の隣の席は、これまた日本人の2人組であることに気づく。片割れは、さっき入口でタバコを吸っていた若者だ。全員年頃も同じ大学生くらいだし、一瞬カップルバックパッカー?と思ったけど、あまりに接点がないので、どうやら違うようだ。てか、こんなことはどうでもいい。

そんなこんなしてるうちにこの4人で会話が始まる。

「どこから来たんですか?」
「シンガポールからマレーシア、でタイで・・・」

のような鉄板から始まり、

「どちら出身ですか?」
「福岡ですよ」
「え~マジですか、福岡のどこですか?」
「福岡の〇〇ですよ」
「え~中学はどこですか?」
「〇〇西」
「え~マジやばいんですけど、私〇〇北ですよ!」

とかテンション上がるような会話があったり、と。何が言いたいわけでもないんですが、しいて言えば、

「旅っていいですよね」

日本の若者は、もっと旅に出ればいい。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!