2014年5月29日木曜日

ブラックポムトング使用レポート2ヶ月と28日目~はるな愛さんとブラックポムトングの真相に迫る~

おでこの生え際とまゆ毛を発毛したい!ブラックポムトングをそんなスタッフの子に試してもらうことになりました。 この連載は、そのレポートを報告するものです。

※まゆ毛は「これ以上まゆ毛が増毛されても困る!」という同スタッフの要望から、満2ヶ月をもって終了しました。詳しくは[ブラックポムトング使用レポート1ヶ月と30日目]をご覧ください。

それでは本日は画像公開89日目、早速見て参りましょう!



※画像はクリックすると拡大されます。
※単体の画像だと解りにくいので、詳しくはこちらよりご覧ください。

ブラックポムトングはタイ国原産の天然ハーブでつくられた即効性のある発毛・育毛クリームで、塗ったところにすぐ毛が生える!ということでタイでは観光客からの口コミで、私の記憶によると10年くらい前にはすでに話題にはなっていました。以前はブラックポムトングの直営店がウィーケンドマーケットのチャトチャックにあり、そこに来た観光客から広まったものだと思います。欧米には以前から、このように話題になっていたブラックポムトングですが、日本では2012年2月を境にして一躍大人気アイテムとなりました。それは、タイにゆかりのあるはるな愛さんがテレビ番組「世界の怖~い女たち」で絶賛したのがきっかけでした。

はるな愛さんはブラックポムトングをおでこの生え際に塗ったところ、10日ほどで毛(産毛のことだと思います)が生えてきた様で、「小顔効果がある!」と言われたのです。一部のネットの声では、はるな愛さんに「宣伝の為に、金を握らされて言わされたんだろ?」という見方もあるようですが、私は違うと思います。私は真相を知るものでもありませんし、別にはるな愛さんの肩を持つモノでもありませんが、そう考える理由は下記の3点があります。


■理由その壱 2012年当時はすでにミスターが具合を悪くしていた

ブラックポムトング正規代理店であるKINGYOは当然、ブラックポムトング社と直に取引をさせていただいていますが、私が「ミスターブラックポムトング」と呼んでいる、ブラックポムトングのあのラベルに描かれているブラックポムトング開発者のミスターは2012年にはすでに具合を悪くし、引退されていた後のことです。チャトチャックのお店もその頃には閉店していました。


■理由その弐 はるな愛さん自身が、こんな話に乗るはずがない

はるな愛さんは実業家であることでも知られていますが、だからこそ、こんな話に乗るはずがないと思うんです。裏金スキャンダルのリスクを冒してまで、こんな規模のビジネスに乗るほどはるな愛さんは堕ちてないでしょうし、そもそも、はるな愛さんは一部ネットの声を上げる人が考えているよりもずっと頭が良い方だと思います。


■理由その参 単純に、効果に驚いただけ

といいますか、「10日で毛が生えてくるはずがない」と思いませんか?私ははじめ、そう思いました。そう思っただけに、ブラックポムトングを知って驚きました。もし私がタレントなら、その驚きと感動、驚嘆するほどの体験を人に伝えたい、と思い、機会があったら言うと思います。ごくごく必然的なこと、これが3つ目の理由です。コレを裏付けるものとして、ブラックポムトングはあの2012年の放送から2年以上経った今も、売れ続けているロングヒットセラーアイテムです。ネット上では賛否両論もないわけでもないですが、例えばブラックポムトングが有名無実の嘘っぱちアイテムなのであれば、2012年放送後のタイミングで一気にその「悪い噂」が広まり、とっくに消えていると思うんです。そして、嘘っぱちアイテムとは言わないでも、もしブラックポムトングが普通の可もなく不可でもないアイテムなのだとしたら、テレビの影響などせいぜい半年がいいところでしょうか。これを踏まえた上で、あの放送後2年以上経っても発毛クリームとして人気なのは、やはりブラックポムトングの実力だといっていいのだと私は思いますが、皆さんはいかがでしょうか?


そもそも、そんな話があったのなら正規代理店であるKINGYOのところに、何かしら話は来るとは思いますが。というのもあります。

ブラックポムトングの詳細、ご要望はタイの個人輸入代行グループのKINGYOまで、こちらよりご連絡ください。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!