2014年4月13日日曜日

味が「しょっぱい」と「濃い」のタイ語の落とし穴

タイ語で日本人が混同しがちなワード、本日はこちらを紹介したいと思います。

เค็ม(khèm)「しょっぱい」
เข้ม(khêm)「濃い」

このように、2つの単語は全く異なるものなんですが、発音が違うだけであとは同じなので、発音が本当に理解できているかがポイントになってきます。

すでに【今日のタイ語】シリーズで紹介している内容をマスターできていればさほど問題ではないんですが、いまひとつ、ポイントがあります。

それは、日本料理に起因することなんですが、日本料理は基本醤油含めてとかとにかく塩がベースとなっているので「味が濃い=しょっぱい」みたいな部分があるので余計これをややこしくします。

ということで、タイ語では「濃い」と「しょっぱい」は別モノできちんと覚えていきましょう!




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!