2014年4月20日日曜日

ソンクラーン危険な7日間の犠牲者は?

先日少し触れましたが、タイの旧正月であるソンクラーン、水掛け祭でもあるこの時期は非常に事故が多く、毎年恒例の様に死傷者が多発する期間でもあり、「seven dangerous days」なんて呼ばれたりもするほどです。


毎年タイ警察ではその数字を発表しているんですが、さて今年はどんな状況だったのか、その実情を見てまいりましょう。

まずはその理由ですが1番マシな木曜日でスピードの出し過ぎが25.21%、続いて飲酒運転が21.43%みたいです。そして80.40%の事故がバイクということ。

続いて4月11日から17日までの魔の7日間の死亡者は322人(前年比-0.31%)、負傷者は3,225人(前年比+6.09%)、事故件数は2,992件(前年比+5.8%)といったの内容でした。死亡者は減ったものの、負傷者と事故件数は増えてしまった結果となりました。

続いて最も被害が多かった県では、Nakhon Ratchasimaが最も死者数が多い14人、Chiang Maiが最も事故件数が多い116件、且つ負傷者も最も多い114人。

なお、以下の5県は死亡者0との事でした。
Chai Nat
Phetchaburi
Ang Thong
Phangnga
Yala

みなさん、飲んだら乗るな!でございます!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!