2014年4月7日月曜日

カオサンの入口で白人とタイ人女性がモメて警官が来た!警官がとった行動とは?その3つの攻略法

「金払え!」


場所はカオサンの入口、そう、バーガーキングの目の前での出来事でした。日曜の午後、人通りも多いところにさらに人だかりができていて、近くに行くとそんな叫び声が聞こえました。叫んでいるのはタイの女性、30手前くらいでしょうか。

いや、叫んでいるというより、完全にぶっちギレしており、すでにボコスカ殴りながら発狂しています。発狂と呼ぶにふさわしいかは解りませんが、タイのドラマで毎回見る光景です。だから、甲高い声で言葉になってないくらいで何か叫びながら、バッグや右パンチ、左パンチと相当ご立腹の様子でありました。

一方、殴られているのはどちらかというとヤンチャっぽい白人のポッチャリめの男性、サングラスしてたんでよう解りませんが、40くらいでしょうか。白人は今のところ防御しつつも手は出してません、反論しないところを見ると、あっけにとられているか、タイ語て訳わかんない状態なのか。。

そうこうしている内に警官登場、2人です。1人は女性に、もう1人は白人に。ここまではそりゃそうです。でも、ここからがタイっぽいところ。女性は引き続き暴れてます、2人の警官を飛び越えてうまく白人を殴る、バッグとかで遠目の攻撃を加える。女性の方へ行った警官は明らかにキャパオーバー、なだめようにも抑え切れてない。白人の方の警官も、白人に話しかけてるところを女性の攻撃が白人に及んでるんですが、女性の方は無視して白人の調査(?)を続けています。ともかくすごい光景でした。。その内白人は警官と一緒に歩いて行ったのでカオサンの反対側にある署まで連れてかれてんでしょう。女性は気がついたらいませんでしたが、たぶん一緒に行ったんだろうと思います。

さて今回の光景から私達は何を学びましょう?日々が勉強なのだとしたら、こんなところからも学びとれます。その前に、私が勝手にこのトラブルを推測してみましょう。ポイントは、下記です。
  1. 女性は「金払え!」と連呼していた
  2. 男性は口でも反論する気配はなかった
  3. カオサンの午後

といいますか、Hして金払わなかったから殴られた、これしかあり得ませんね。具体的に言うと、前の晩カオサンのクラブだかそこら辺で知り合ったんでしょう、で、お金の話もたしかにあったんだと思います、でも男性は酔っ払って覚えてなかったか、はじめからタイ人をあまく見て踏み倒そうとしてたか、とにかくその晩はホテルに連れ込んだ。翌朝起きて昼間もなんとか一緒にすごしたが、午後になってそろそろその女性がうざくなり、とんずらかまそうと試みたところ、思わぬキレさに圧倒されてしまった。。

とまぁ、好き勝手に書きましたが、好き勝手に書いてあるだけで、なんの根拠もありません。白人さん、ごめんなさい。それでも、こうしたトラブルはよくある話です。

カオサンの入口で白人とタイ人女性がモメて警官が来た!警官がとった行動とは?その3つの攻略法 その2



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!