2014年4月1日火曜日

タイ文字その28 ポープン(g)

ph
high tone class
phɔ̌ɔ phɯ̂ŋ
bee

蜂の、ポープン。シンボルは蜂であります、ポープン。

さて皆様、久しぶりの「新しい」が登場しました。「ɯ」の発音記号です。なんだかmを逆さまにしたこの発音記号、どのように発音するのかと言うと、基本的に「う」の音なんですが、「い」の発音時に横開きするように口のカタチをした状態で、「う」の音を出します。はい、これだけです。横開きの口で「う」を発音。これに対し、今まで出てきました「u」は通常我々日本人が使う「う」と同じです。つまり、

「u」→口を尖らせて言う通常の「う」
「ɯ」→口を横開き(「い」の発音時の形)「う」を発音する

ということになります。後は今まで通り、有気音であるのと、「phɔ̌ɔ」の部分は下がって上がりますが、「 phɯ̂ŋ」の部分は上がって下がります。これは後々説明していきますが、high tone classの文字は基本的に「下がって上がるもの」と以前お話しました。それなので、「phɔ̌ɔ」の部分では規則通り下がって上がっています。では何で「phɯ̂ŋ」の部分は逆に上がって下がっているのかと言うと、それは「phɯ̂ŋ」をタイ文字で表記した時に、別の発音記号がついてくるからです。これが少々複雑な作りになってるんですが、別の発音記号がつくことにより、タイ語がいわゆる化学変化みたいなものを起こしまして、ちょっと変わってくるんです。。何度も言うとおり、今はコンガラガルだけですので、蜂は下がって上がり、上がっては下がるものくらいに覚えておきましょう。

書き順は、丸の部分を時計とは反対回りに書き始めていきます。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!