2014年4月1日火曜日

【オンリー1ストーリー】大阪府/mayumy/G7/夫婦の絆

ここでは、お客様よりいただきましたKINGYO商品をご購入いただいたその後の効果、またそれにまつわるお客様だけのオリジナルストーリーを紹介していきます。オンリー1ストーリーは随時募集中です!お寄せいただいた方には、漏れなくKINGYOアイテムを贈呈しております。詳しくはこちらから。

それでは早速本日のストーリーを見て参りましょう。


都道府県: 大阪府
ペンネーム: mayumy
購入商品名: G7
題名: 夫婦の絆

私達は結婚11年目、子どもは8歳と5歳の息子がいる至って普通の家庭です。私は32歳で主人はちょうど40になりました。付き合って2年の恋愛結婚だったからなのか、結婚後は週に何回か、少なくともHは毎週で、上の子ができるまで1週間をあけることはなかったくらいでした。下の子がお腹から出てからは明らかに頻度がなくなっていきました。というのも、上の子も3歳となってそのうえ下の子の子守もあったので自然とそういった雰囲気にもならずにいたんです。私も子育てにいっぱいいっぱいだったということもありしばらくはノイローゼ気味になりながらも2人の面倒に追われていました。

やがて子ども達も大きくなり、久しぶりにそういった雰囲気の時に途中で萎えてしまったんです。久しぶりだっただけに私は正直ショックでしたが、それはおくびにも出さずにいたんですが、それからたまにあるHも同じように途中で主人のが萎えてしまうことが続き、ある時真剣に話したこともありました。主人は仕事で疲れてるから、と結局はそれを理由に終わってしまったんですが、主人も自分でショックを受けているようでそれからはそういった雰囲気の場合でも避けられるようになりました。主人は浮気ができるタイプではないですし普段の夫婦仲は良いので、嫌われたとは思いませんでしたが、性欲が正直強い私にはそれが悩みに変わっていきました。おそらくそれがじょじょに表に出ていってしまったんだと思いますが、私の方から普段の夫婦間の間でも暗くなっていたようで、それから数ヶ月は会話も少なかったんです。

そしてその年の結婚記念日、彼の方から求めてきたんです。私はなすがままにすべてを受け入れたんですが、その日は主人のソレも硬く、いつもにも増してすごかったんです。途中で萎えることもなく、最後まで硬い棒みたいでした。私はどうしたの?と嬉しくなっちゃって思わず聞いてしまったんですが、はじめは渋っていたものの、G7のことを白状しました。主人にしてみれば、会話の少なくなったその数ヶ月を主人なりに考え、今日のために色々と調べて予め結婚記念日のその夜のために用意していたというんです。「そこまで暗かった?」「それって私のせい?」と後になってみれば笑い話となりましたが、Hがどうこうよりもやっぱり主人がまだ私のことを女性として見てくれていることを思うと嬉しいです。あ、Hもやっぱり嬉しいです。(^^) おかげさまで元の仲が良かった夫婦に戻れました。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!