2014年3月27日木曜日

チクり、チクる、チクれ、チクりなさい、チクってください、チクるな、チク、チクっ・・・

『チクる』の解説
チクるとは告げ口や密告をすることで、ちっくるともいう。「ちく」が「口(くち)」の倒語でチクるというようになったというもの、また「ちくりと言う」の「ちくり」が変化したものという説がある。当初、チクるはツッパリブームの不良少年など若者の間で普及した言葉であったため、先生や先輩、親などへ告げ口をするという軽い意味合いであった。しかし、当時の若者が社会人になってからも使用。上司や警察、報道機関などへ密告するという意味合いでも使われるようになる。また、若者の間では名詞形の『チクリ』という形でも使われる。
出典:日本語俗語辞書

とある朝、タイ人が何人か会社にやってきて、半ば強引に中に入ってきた。するとみるみる会社の役員幹部クラスの人達と何やら深刻そうな話をしている。後で聞くとそのやってきたタイ人は私服警官らしく、マルサじゃないですけど何かを摘発しに来たのだという。その何か、とはずばりPCのコピーソフト。どうやらこの会社ではコピーソフトを一部使用していたようで、罰金10万バーツを警察に支払った。。


という話です。まぁ私も聞いた話なんで偉そうにいうのもアレなんですが、さてひとつ気になりませんか?そうです、もうお察しの通り、といいますか、そうでなければこんな意味わかんない題名なんかつけないんですけど、誰がチクッたのか?という事です。さぁ、誰でしょう?

実はこれ、タイでは意外と珍しくもないことなんですけど、犯人は辞めた元社員だったんです。ある意味報復、というやつです。報復が半分、あとはお金が絡んでいます。要は警察とグルになってるんですが、タイでは警察にチクって罰金を山分けする、ということがままあります。これはちょっとタイのいやーな部分なんですが、もちろん、みんながみんなそうではなく、タイをフォローするわけではないんですが、発展途上国であればどこの国でも通る道、とでも言いましょうか。要はお金が絡んでいますので、どこにでもこういう輩はいそうですよね。

というわけで、タイでは変に恨みは買わない方が無難です。警察だけではなく、ヤクニンを連れてこられたらこの国はやっかいなので、その辺りは気をつけましょう。タイでなにか事をするならば!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!