2014年3月28日金曜日

【今日のタイ語】マイとマイ?の違い

ไม่
mai

ไหม
mai

マイとマイ。これだけで全く違うけど、この似たもの同士の単語がそろいも揃ってこれほど重要な意味を持つものは他にないだろう、くらいの勢いです。はい、重要すぎる単語だけにタイ語知ってる方は飛ばしてください。(なんかタイ語知ってる方に読んでもらうのも、なんか恥ずかしいじゃないですか。。えへ)

ややこしいので、上のマイを「上マイ」、下のマイを「下マイ」と呼んでいきます。


さて、上マイは否定を表します、英語で言うとnotです。上マイの後に続く表現を否定するんですね。例えば、前回の綺麗という意味のスゥワイ。マイスゥワイで「きれいじゃない」という意味ですね。例えば、前前前回の新鮮という意味のソッド。マイソッドで「新鮮じゃない」という意味ですね。例えば、前前前前回の美味しいという意味のアロイ・・・あ!ここにも出てました、マイアロイ。はい、これでおいしくない、という意味になります。否定したい単語の前に上マイをつけるだけなので簡単です。

そして、何で上マイは「上マイ」と呼ばれるのか?それにはもうひとつ重要な意味があります。(今はじめてそう呼んだんですけど)上マイは発音が上がって下がります。記号で表すとみたいなイメージです。一方、下マイは逆に下がって上がる発音となります。記号で表すとのイメージです。周知の通り、タイ語はこの発音がすべてと言っていいくらい大事なので、ここは抑えておきたいところです。(実際、発音がほとんどであって“すべて”ではありません、言葉のあやです)

さて続きまして下マイは質問する際に語尾につける単語です。例えば、前回の綺麗という意味のスゥワイ。スゥワイマイ?で「きれい?」という問いかけになります。例えば、前前前回の新鮮という意味のソッド。ソッドマイ?で「新鮮か?」という問いかけになります。例えば、前前前前回の美味しいという意味のアロイ。アロイマイ?で「おいしい?」という問いかけになります。ちなみに、アロイマイクラップ/カー?で「おいしいですか?」という丁寧な問いかけとなります。

これでタイの2大最重要単語はマスターですね!まとめますと、上マイの発音は←の上がって下がるもの、否定したい単語の前に使います。下マイの発音は←の下がって上がるもの、質問文の語尾につけます。マイマイ、なんて大事な単語なんでしょう!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!