2014年3月19日水曜日

バンコクのゲイストリート・スポットのご紹介

周知の通りバンコクではゲイの存在が、日本のそれよりずっとオープンで、解放されています。タイの友人に「もし息子が将来ゲイになったらどうする?」と聞いたら、「おもしろそうだな!」と返事が来ました。たしかに、ゲイになる人でおもしろくない人ってあんまり見たことない。。

ともかく、そこらじゅうにゲイがいる街なので、例えばバンコクでタンクトップを着ているとまず疑われます。後はVネックとかですね、言葉には出なくても「ゲイだ」という目で見られます。


さてでは、ゲイの人たちはどこに集まるのでしょう。その最たるストリートが、シーロムのソイ4です。ここは普通の飲み屋とかが並んでる狭い通りなんですが、このソイ4に夜な夜なゲイが集まり、男2人でロマンティックに語り合っているのです。

それとは別に、ボーイズストリートなんてのもあります。スリウォン通りの、タニヤとパッポンのちょうど真ん中くらいになんとも怪しいストリートがあるんですが、ここはゴーゴーバーのメンズバージョンのお店がズラリと並んでいるストリートです。ゴーゴーバーのメンズ、つまりポールがあってお立ち台があって、その上でゲイが半裸で踊ってるんです、当然のごとくそんな彼らからひっぱりだこのように呼び込みがあるんですが、そんな光景もタイならではの観光の想い出となるでしょうから、お勧めなスポットではあります。

あとは同じくスリウォンの、COCAとラーメン亭、Mango Treeがあるとおり、シーロムから言うとシーロムSoi6、タンタワン通りに数店舗並んでいるのと、Mango Tree入り口前の道沿いにも何店舗かそれ系のお店が散らばっています。

ゲイの方に常に絶対的な指示をいただいている女性ホルモン剤のエストロモン、KINGYOにご用意がございます。エストロモンのご購入、詳細はこちらから。





最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!