2014年3月18日火曜日

タイで仕事する人なら必ずぶち当たる壁とその解決法 その2

前回のイスラエル人の折り紙の話、これが非常にやっかいなところなのです。もう一度言います、他の国に漏れず、タイ現地の現場では、この“折り紙現象”が毎日、いや四六時中起きているのです。これは非常に大きなことですよ。何故なら、日本にいるお客さんはこのことが理解できません。折り紙なんて、ぴったり折れることが当たり前なんです。ぴったり折れないのなら、「ぴったり折れるように教えてあげればいい」という発想になります。そこでタイ現地日本人は教える、勿論、見本を示して1から10まで、それこそサルにでも解るように教える。さすがに、そこまで教えるとその場はできるようになる。けれど、それが継続されない。こうなると、日本側からは「教え方が悪いんだ」という発想になります。何故なら、日本にいる日本人にとっては「折り紙はぴったり折れるもの」という固定概念が頭にあります。この固定概念がある限り、タイ現地日本人の苦労は理解できません。



タイで仕事する人なら誰でも、この板ばさみの経験に陥ります。これは、単なる板ばさみではありません。何故なら自分も日本人、折り紙はぴったり折るべきだし、彼らもきっとぴったり折れるようになるだろう!タイで仕事をし始めるような人は大抵若いですから、はじめは情熱をもって死闘するんですよね。「ブア(飽きた)」とか「(マーイークレーウ)また来た」とか目の前で陰口をさんざん言われても、なんとか笑ってコミュニケーションをとり続けます。折り紙をぴったりと折ってもらうように改めて依頼する時も、なんとかユーモアを織り交ぜつつ、彼らをサヌック(楽しく)してあげて、且つ相手が確実に理解したかをしっかりと確認します。これを継続して続けていかなければなりません。

単なる板ばさみでないのは、お客さんの言うことに自分も日本人だからなのか、100%賛成できるわけなんです。「折り紙はぴったりきれいに折った方がきれいだ!」とお客さんが言う正論には同調せざるを得ないんですが、その折り紙がきれいに折れないのだから、そればかりを言われても困るわけなんです。もっと根本的な部分での改善を考えていかないと。そして、日本にいる人が言う正論くらいなら、当然現地にいる人間は当に解り切ってるわけなんですね。しかし、これらのことを言ってもザ・ガラパコス・日本にいるお客さんは理解できません。こうしてジレンマが回っていくわけです。

この悪いスパイラルは結構な壁でしてね。これをもって自殺された方も知っています、といいますか、タイに来てはじめて日本人で友達になりかけた人でした。。




最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!