2014年3月17日月曜日

バンコクから2時間!パタヤ沖に浮かぶ南の島・ラン島の攻略法 その6

お待たせしました、さてこのラン島攻略法もクライマックスが近づいて参りましたが、もう少しだけ続きます。



さてラン島のビーチを比較して参りましょう。

■Tawaen Beach(ターウェーンビーチ)
ラン島一の規模を誇る大型ビーチ。本来遠浅で海も以前まではきれいでした。お店も連なり、ダントツで一番賑やかなビーチですが、近年では中国人をはじめとする団体客も多く、人で埋め尽くされている感があります。賑やかなところが好きな人にはいいですが、爽快さあるリゾートを求めに来た方にはおすすめできない大型ビーチです。ちなみに、スピードボートでここに到着してもレンタルバイクが1日200バーツであるので、別のビーチへの移動はすぐできます。

■Samae Beach(セームビーチ)
ラン島第二の規模を誇るビーチ。遊覧船でつく港を島の入り口とするなら、中央の山を越えていくそこはラン島の裏側。ちなみに、港からレンタルバイクを借りて、もしくはバイタクで行くこととなりますが、途中の山超えの頂上地点から島を一望できるので、その景観もなかなか乙なものであります。パタヤまでも一望できます。以前までここは静かなビーチだったが、Tawaenが人いっぱいで嫌だ!という人達がここに流れ着いている、といった感じです。Tawaenのように遠浅ではないからか、水の質はいくらか落ちます。

■Naut Beach(ヌアンビーチ)
ラン島のザ・新興ビーチです。夜はDJが流してるような若いラインの店が並び、ノリノリの人にはおすすめなビーチです。昼は比較的普通、水も特別きれい!というわけではないですが、リラックスはできるでしょう。遠浅でもありません。

■Ta Yay Beach(ターヤーイビーチ)
ラン島のザ・隠れ家ビーチです。隠れ家と言っておきながら、スピードボートでTawaenに行く途中にしっかりと確認できるビーチです。スピードボートで見てる分には、「あ!プライベートビーチか?」と思うほどこじんまりとしていて、個人的に長年気になっていたビーチです。プライベートでもなんでもなく、一般人でも入れます。誰にも邪魔されずにアイランドリゾート・ビーチ・リラックスをしたい方にはおすすめなビーチとなっております。

■Thorng Larng Beach (トーンラーンビーチ)(地図上ではหาดทองหลาง)
超がつく隠れ家ビーチです。木の葉っぱが道を塞いでしかもものすごく急な坂道を下がっていく感じの怖い道を進んでいきます、その割にはビーチといいますか、それっぽいものがあるだけ、お店も開いてるのか閉まっているのか解らないお店が1、2店舗あるくらいの超隠れ家ビーチ。ビーチ?おススメできるところではありませんが、バイクを借りて島探検をするなら探し当ててみてください。



以上がラン島の歩き方でした。次回はパタヤからバンコクまでの帰り方です。お楽しみにどうぞ!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!