2014年3月17日月曜日

バンコクから2時間!パタヤ沖に浮かぶ南の島・ラン島の攻略法 その3

さて今回は拠点をパタヤに置く場合で、デイトリップでバンコクにとんぼ返りする方は飛ばしてください。ついでに、ラン島の宿も含めてここで一挙にシミュレーションしていきたいと思います。



■パタヤのリゾートホテル
料金: 6,000バーツ前後
パタヤはすでに立派なリゾートシティといってもいいくらいで、ヒルトンやマリオット、ハードロックホテルなどいいとこのホテルもビーチ沿いに並びます。優雅に過ごしたい方はこちらに。

■SIAM BAYSHORE PATTAYA
http://www.facebook.com/siambayshore
料金: 4,000バーツ前後
ウォーキングストリートの終わりに位置するホテルです。つまり、港まで0分の港前リゾートホテルです。個人的には1番おすすめなホテルです。ラン島までも気軽にいけて夕方に戻ってきては、夜はウォーキングストリートでも遊べます。つぎの日も、モノ足りなければホテルの玄関出てから1時間以内にはラン島のビーチにいる感じです。

■ウォーキングストリートそこらのゲストハウス
料金: 600バーツ
ウォーキングストリートにもいくつか安宿はあります。料金を抑えたい場合に最適です。料金は一気に下がりますが、そこそこ衛生的ではあります。そこそこです。ラン島に行くにも便利、パタヤのナイトライフを楽しむのも結構な立地条件です。

■ラン島のホテル
料金: 800~2,500バーツ
ラン島のホテルはピンキリです。目の前が海!というホテルはいくつもありますが、目の前はキレイなビーチ!というホテルはありません。それから、最近ではコンクリート造りのデザイナーズホテルなんかもできてきて、単なる「田舎島」からおしゃれスポットになりつつあるラン島なので、試しにラン島に宿をとられても面白いかもしれません。

それでは次回は、パタヤの歩き方についてご紹介したいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!