2014年3月28日金曜日

タイ文字その1 ゴーガイ

【今日のタイ語】シリーズでは本日よりタイ文字をしっかりと勉強していきたいと思います。というのも、前回の否定のマイと質問のマイと、発音が違うだけで意味が全く異なってくるものです、タイ語というものは。そこで、この発音をマスターするには文字を覚えるのが実は近道であったりします。タイ語の文字がそのまま発音記号みたいになっているので、文字から学んでいくことにいたしましょう。タイ文字は全部で44文字ありますが、普段使わない文字もあるので、そんなに多くありません。日本のひらがなのように規則正しく並んではいませんが、あいうえおみたいなものです。それでは早速今回の文字はその第一字目。

g
normal tone class

gɔɔ gài

chicken

頭に入れることは上記3つです。と言っても、使っていくうちに自然と覚えていくものなので、ここはtake it easyでもって気楽に参りましょう。

さて、解説です。まず大きい文字で記載あるのが、この文字をアルファベットで表した場合の音です。今回はgなので、日本語でいうと「ガ行」の文字に該当するものです。

続いてnormal tone classですね、これは後々発音に密接に関わってくる重要なものなんですが、これも現段階では混乱するだけなのでそっとしておきます。

次にgɔɔ gàiとあります。これはこの文字を読む場合の数え歌的なものです。タイ文字には全44文字にそれぞれシンボルとなる何かが象徴づけられています。今回の文字のシンボルは一番下の段に記載あるchickenです。そして、タイ語でchickenのことをgài(ガイ)と発音します。gàiの前にあるgɔɔは特に意味はありませんが、タイ人もタイ語を覚えるときにはみな、gɔɔ gàiと発音練習をして覚えるわけです。そしてこの数え歌みたいな覚え方、ひらがなでいうと「あー あんこ。 いー いくら。 うー うみ。」みたいな感じですかね♪なんか、楽しいですね。そして、気になるgàiの「à」、aの上にある右下がりの点は発音記号で、右下がりなので「ガイ」という時に下がることを意味します。

このような形でこれから全44文字を少しずつ紹介してまいります。順番は今回の順番の通りで統一してまいります。それから、基本的にタイ文字は一筆書き(二筆のものもあります)なんですが、書き順、といいますか、どこから書き始めるかも併せて紹介して参ります。今回のgɔɔ gàiは左下から上に向かって書く流れです。勿論、一筆書きです。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!