2014年3月31日月曜日

タイ文字その13 ヨーイ"ン(g)


y
low tone class
yɔɔ yǐŋ
woman

さてそろそろカタカナでは表記できないものが出てきました。そもそも、外国語を学ぶ場合、何でもカタカナにすりゃいいってもんではありません。例えば前回も出てきましたbirdをカタカナで書くとバード。カタカナ読みで普通に読むとバード、でも英語のbirdとは全く違いますよね。ということで、次回からローマ字表記で題名もいきますかぁ!と思いましたが、私、統一性がないのは嫌いなタチなので、ここまできたのだから、貫いてみせます。

この文字のポイントはやはり、「yǐŋ」の発音ですよね。なんて言うんでしょう、や行のい段て言えば解りやすいかもしれませんが、日本語の場合、この部分って空欄になっていますものね。「ゆぃ」と表せばいいものか、それとも「でぃ」とも「じ」とも似ています。これらの中間みたいな感じでしょうか。。これは、直接覚えちゃってください!(←と、なんとも無責任)

ŋの発音は大丈夫ですよね、「ング」となり、「グ」は音に出さないアレです。書き順は出ました、これはさすがに1筆書きでは書けません、ということで初めての2筆書きとなります。まず左下の丸を時計回りに書いていき上いって右下いって右上で一旦終わります。それから右下にある記号みたいなやつなんですが、これも例によって丸から書いていくんですが、これは時計と反対周りに描いてそのまま右にはねるように書きます。



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!