2014年3月20日木曜日

今さら聞けない!?タイのゴーゴーバーのいろは12選 その1

本日は、タイの初心者の方向けにゴーゴーバーのシステムをおさらいしていきたいと思います。それでは早速見て参りましょう。まずポイントです。

1. ゴーゴーバーにまず入ります、入場料やチャージ料はなし
2. 席についたらまずドリンクを注文
3. 気に入った女の子がいたら隣の席に呼びましょう
4. 軽いおさわりはアリ
5. 「ペイバー」とは店側に払う連れ出し料のこと
6. ペイバー代は600バーツが相場
7. チップについて
8. 連れ出し後は基本的に自由
9. タニヤ、ナナ、カウボーイ、いずれもラブホテルは付近にある
10. 自分のホテルに連れこんでもよし
11. その後本番2時間2500B、朝まで3500Bが相場
12. パッポンのゴーゴーバーにはいかないこと


それでは上記ポイントを一つずつ見て参りましょう。

1. ゴーゴーバーにまず入ります、入場料やチャージ料はなし
 入るだけなら無料なので、まずお店の品定め、をいたしましょう。入る、といってもこの場合、お店を除く感じで、お店の中の雰囲気、活気はあるか、客は入っているか、それから一番大事なのは女の子の人数、かわいい子がどれくらいいるか、などを確認します。店を何件か回る場合、お店を首だけつっこんで除く程度で、却下されるお店がほとんどなことに気づくと思います。少しでも気になるところがあれば、お店の中に入って判断しても問題ありません。

2. 席についたらまずドリンクを注文
 さて、お店が決定したら、席につきましょう。ここまでは料金は発生しません。ドリンクのオーダーをスタッフが聞いてくるので、注文します。ここは、ドリンクはいらなくても一杯くらいは注文してあげましょう。ドリンクを注文した時点から、料金が発生します。これに関してぼったくりの手口をこちらの記事で紹介していますので参考にしてもらえましたら幸いです。

3. 気に入った女の子がいたら隣の席に呼びましょう
 ゴーゴーバーを楽しむのなら、どんどん呼んだもの勝ちです。女の子の指名料は特にありませんが、女の子が「ドリンク飲んでいい?」と聞いてくるので、一杯くらいはおごってあげましょう。コーラだったら80バーツくらい、ジンとかお酒を飲む女の子も普通にいます、盛り上がるとみんなでテキーラ!ということもあります。ちなみに女の子のドリンク代は全部請求されますので、この辺りもぼったくりの記事を参考にしていただき、ビルは一回一回精算するか、そうでなくとも一枚一枚確実に確認していくことが大切です。
 なお、女の子は20分かいくらかのタイミングでお立ち台に戻っていきます。ローテーション制なのです。なので、そしたら別の女の子を呼んでも問題ありません。お立ち台に戻る前にチェンジしても大丈夫ですが、まぁ時間がたてばその内お立ち台に戻っていきますので、目の前でのチェンジは控えましょう。女の子を追加でどんどん呼ぶのは問題ありません。むしろ、男1人に女性2人も3人も呼べば、「この人、お金持ってる!」ということで向こうから寄ってくるはずです。






最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!