2014年3月30日日曜日

タイ文字その11 ソーソー

s
low tone class
sɔɔ sôo
chain

チェーンです、鎖です。1個前の象さんに非常によく似ている文字です。凹みがあるかないか、ですね。タイ文字って、このように凹みがあるかないか、あとは以前少し出てきたように丸が時計回りかそれとも時計と反対回りか、という似た文字がいくつか出てきますので、これは一緒に覚えると楽ですね。あとタイ文字のうまいところはそれぞれの文字にシンボルを決め付けちゃっているところですね。こうすれば、いやでもイメージしちゃうじゃないですか。これが実は覚えるのにすごく簡単に覚えられる手助けみたいになってるんです。

さて今回のチェーンであるソーソーはsôoの部分、これは初めての登場ですかね、でもこれもそれほど特別じゃありません、今度は上がって下がる感じです。

それから、同じ「オー」でも「sɔɔ」と「sôo」で実は微妙に違います。所謂「sôo」の「o」は我々が意識しないで発音するオーです。違うのは「sɔɔ」の「ɔ」です。これ実は今まで毎回出てきているものなんですが、たぶん日本人には難しいです。そして、これ言えなくても通じることは通じますので大事ではないんですが、タイ語を流暢に覚えたい方は今より注意して見ていきましょう。「ɔ」の発音の仕方は、喉で力強く発音するイメージです、そして口は通常の「o」よりも若干大きく開く感じです。

さて書き順ですが、象さんと同じく丸を時計回りで描き始めてすぐ凹みをつけます、これがないと象さんになっちゃいますのでお気をつけて!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!