2014年2月16日日曜日

タニヤの歩き方 ~その2~


さて前回はタニヤのカラオケシステム概要についてお話しました。(前回のタニヤの歩き方はこちらから)今回はお店紹介編と参りましょう。
■愛
40年働いていたオカマ店員のジョーがいなくなってからそのバリューは下がったものの、いずれにしてもタニヤの帝王として君臨し続ける「Japanese Only」のお店。オーナーは日本人のもう80歳を超えた女性で、半ば生き伝説となっている。50年も前、つまり日本人タイ在住者のパイオニアとも言ってよく、まだパッポンが土の道で何もなかった頃に愛を出店し、その後、タニヤに移ったという。
お店の雰囲気は日本のキャバクラそのもの。日本人好みの女の子が100名以上在籍し、レベルは高め。その代わり料金も他の群を抜いている。例えば、1時間飲んで2000バーツとかはすぐいく。ボトルをキープできるので、ボトルを入れたりするのにもよる。お店への連れ出し料金はたしか1000バーツくらい。女の子への料金は相場の2時間2500バーツ、朝まで4000と考えていればいいでしょう。
接待にももって来いなところなので、日ごろからお店の顔なじみになっていても損はない。ウェイターはなぜかみんなオカマ。何度も言うようだがタニヤといったら愛、というほど、他の店の追従を許さない愛、タニヤでは常に特別な存在、高級店です。
それから、愛に行く際はG7も忘れずに!G7はもはや日本人には説明不要の精力剤ですが、当店KINGYOではこのような魅惑のアイテムを多数取り揃えていますので、是非ともおたちよりいただき、タニヤに挑んでいただければと思います。KINGYOは世のコンプレックスを減らすことを使命とした魅惑のセレクトショップです。
タニヤのその他のお店は次回に譲ります!お楽しみに!



最後までお読みいただきありがとうございました m(_ _)m
下記バナーをクリックしてKINGYO掲示板を応援いただけますと誠に、まことに幸いです!
KINGYOではその使命である「世のコンプレックスを激減」すること、
これを本気で行っています。
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿

■関連記事はこちらからどうぞ!

■KINGYO MOVIEができ上がりました!